黒ずみや角栓もクレンジングで

アメリカには「エクストラクション」という、角栓を指でギュっと押し出す施術があります。瞬時に詰まりを解消できるのですが、そのあとの肌にはタケノコを抜いたような、ぽっかりとした穴が開いてしまいます。

そこに汚れが落ち込めば、また詰まります。それよりもクレンジングマッサージでゆるめてほぐしていくことで、ガチガチになった角栓の周囲が溶け始めて、毛穴と角栓の間にすきまができます。そうすればしめたもので、毎日そうやってほぐしていくことで毛穴の黒ずみや角栓は自然にとれていきます。また毛穴まわりのかたい角質層もやわらぐので、毛穴が凹む心配もないのです。
また、「私って地黒だから…」という人でも、表面に溜った不要な角質を取り除けば、あかぬけて1トーン明るい肌になります。また、生まれつき肌が黒い、と思っている人は皮脂や化粧品の油、それに汚れを奥に溜め込みやすいことがしばしばです。クレンジングマッサージを続けることでそういったいわば「奥に溜った汚れの暗さ」も一掃できてしまいます。さらに血行も良くなるので肌色は確実に白くなります。もちろん、私たちのような黄色人種が北欧の人のような白肌になることはありません。けれども、くすみや肌表面の汚れがない肌の輝きを是非知っていただきたいですね。

調布 ミュゼ