男性でもクレンジングマッサージは効果大

「クレンジング」というと、メイク落としのためのもの、とどうしても思ってしまうので、「クレンジングを夫(息子)にも勧めていいのでしょうか」と質問する人がいます。適切なクレンジング料をえらんでおけば、当然、男性でも大丈夫です。こうして、奥さんやお嬢さんに勧めれれて、とか、さらには歌手やタレントさんのような「見られる職業」の男性は美容への意識が高いので多くの人が実践されています。 続きを読む 男性でもクレンジングマッサージは効果大

現代人の肌はメタボ?

20代や30代の人には馴染みがない話かもしれませんが、かつて「化粧品の安全性」が社会問題化した時期がありました。戦後20年くらいまでは、肌のお手入れといえば、油分を補うようなシンプルなものだけだった時代を経て、女性たちがメイクを楽しみ、朝晩のスキンケアを日課とするようになっていきました。それと同時に化粧品に求められる機能も効果も多様化するなかで起きてきたのが、アレルギーなどの問題です。化粧品で肌荒れやかぶれといったトラブルが起きることが増えて、法制化の動きが高まり、現在のような薬事法や成分表記といった制度が整っていき、安全性への意識が高まっていったのです。 続きを読む 現代人の肌はメタボ?

努力が足りない「紫外線対策」と「睡眠時間」

“よしき皮膚科クリニック銀座の吉木院長が20年近く女性の肌をみてきた経験によると、女性の肌に対する努力が足りない部分、これは圧倒的に紫外線対策なのだそうだ。昨今これだけ紫外線の弊害について様々に語られているにもかかわらず、紫外線対策が十分できている、という人は少数派なのだそうだ。そして吉木院長によるともう一つ、生活面での努力が必要だとの事。睡眠不足の人が目立っているという。仕事が大変で本当に帰宅が遅い人も中にはいるのだとは思うけれど、多くの人が「ついダラダラとしていたら、1時2時になってしまって」という。これは睡眠を軽視する日本人の習慣も関係しているという。 続きを読む 努力が足りない「紫外線対策」と「睡眠時間」

洗い過ぎは肌を痛めるのでダブル洗顔はNG?

「いろいろがんばったんだけど、なかなかよくならなくて…」といって、クリニックに相談に来院する、ニキビやアトピーで悩む患者さんが多いといいます。いずれにせよ、誰もが意識が高いので、美容のことを良く知っています。
けれど、そうした勉強熱心な人は、ともすれば、テレビや雑誌の情報に振り回されてしまっていることがあるようです。残念ながら、メディアに登場する情報の全てが正しいわけではなく、中には間違っているものもあるのです。ここにある、「ダブル洗顔はダメ」というのも、こうした勘違いの一つです。ごく穏やかな作用の適切な製品を使用すれば、ダブル洗顔は肌を傷めたりすることはありません。いや、それどころか、むしろ美肌を育ててくれるのです。

ダブル洗顔よりも大きな問題になるのは、こうした方々の「肌の扱い方」です。タオルでゴシゴシ顔を拭いていたり、メイク用のパフやチップで肌をこすっているようなケースが少なくないのです。そして、それらが原因で肌が敏感になったり、シワができてしまったりするのです。実際にクリニックに相談にくる人にクレンジングをしてもらってみると、無駄な力が入っていたり、洗顔料のすすぎ残しがあったり…という人がほとんどだそうです。まずは、「肌の扱い方が間違っているんだ」という意識を持つことが先決です。